((c)2006-2007 Kaoru Tashiro
All Rights Reserved

English | Japanese
連絡先

プロフィール

東京生まれ。16歳でメキシコに渡り、マリア・テレサ・ロドリゲス女史に師事。定期的にソロ・リサイタル活動を始める。その後ニューヨーク、マンネス音楽大学をレオン・ポムメルズ氏に師事の元卒業。ベルギー、ブリュッセルにて故イブゲニア・ブラギンスキー女史、ミハイル・ファイアマン氏、ユージン・モギレフスキー氏に師事し、ブリュッセル王立音楽院を優秀賞を得て卒業。日露協会の支持により、短期研修生としてモスクワのチャイコフスキー音楽院でプロコフィエフの作品の集中レッスンを受ける。プロコフィエフのピアノ・ソナタ第2番、第5番、第6番、第8番、『ロミオとジュリエット』『シンデレラ』を録音したCD3枚をリリース。ベルギー・フランス語圏文化庁の依頼により、ベルギー・日本現代作曲家の音楽と映像と合併させたCD/DVDを2011年発売予定。子供のための音楽にも力を注ぎ、『ピーターと狼』『小象ババールの物語』『マ・メール・ロワ』なども数多く公演。2009年には林光作曲の『セロ弾きのゴーシュ』の公演をベルギー、イタリア、ポルトガルで開く。プロコフィエフ「自伝・随筆集」の和訳も手がけ、2010年9月音楽の友社より出版された。 ベルギーを拠点として日本、そしてヨーロッパ各地で数多く公演を行っている。


最新情報
批評

ディスコグラフィー
トップページへ戻る

略歴